YaoYorozu

Tetsu's photolog. Spotlight on everything!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏のおもひで  こども編

IMG_4350-2.jpg

今年の夏休み。
前半は長男のピアノのコンペ。それが終わってからは僕と妻のそれぞれに実家に帰省しました。


僕の小さい頃の夏休みの記憶といえば、なんとなく怠惰だった日々の記憶しかなくて…
特に、小学校低学年や、幼稚園時代の夏休みの記憶は殆どないかな。

ん…てことは、自分の子供たちも将来この楽しかった夏休みの記憶を思い出す事ができなく
なってしまうのか。

ちょっとでも記憶を手繰り寄せるツールとしてこの記事が将来日の目を見る事があるかもしれない。
そう思うと、こんなささやかblog記事でも一応存在理由があるような気がして、継続する動機付けのひとつになっているのです。


まずは、高円寺の僕の実家に帰省しました。

IMG_4192.jpg

姉夫婦が、飼っているシュナウザーをつれて遊びに来てくれた。
子供たちに、あわせて遊んでくれる賢い子。

犬や猫に接する機会があまりないので、ここぞとばかりに戯れる兄妹。
必死に耐えてくれたシュナウザーくん、ありがとう。


IMG_4187.jpg



東京では、大阪から東京に転勤になった会社の同期や、東京に遊びに来ていた大阪の同僚と
一緒に飲みにいったり、親父の墓参りに行ったりしているうちにあっという間に時間が過ぎ、
僕自身もつかの間の帰省を満喫してきました。

そんな中、長男は姉夫婦の横浜の家に初めて一人での外泊。
いくら甘えても怒られない環境で思いっきり楽しんできたようでした。
(姉夫婦が疲れて寝込んでいない事を願います。お世話になりました。ホントにありがとう)

こうやって徐々に親の手から離れていくことが出来る子供を見ると、しみじみと成長を感じます。
まあ、本人にとっては、楽園のような待遇を受けていたのでむしろしばらくは一人でいたかったの
かも知れませんが…。
でも、残された妹はやっぱりちょっとさびしそうにしていましたね。
いくら両親を独り占めできる環境になったとはいえ、いつもいじめられるお兄ちゃんであるとはいえ、
丸一日お兄ちゃんと会わないというのは初めての体験。
ちょっとテンションが下がり気味でした。
ここで二年の年の差が出てくるのですね。


そして妻の実家のある群馬県へ。


群馬の実家では、前回の記事に書いたとおり、美味しいものをたらふくご馳走になり、
僕のお腹は連日のビール&満腹ご飯で、勢いをつけて成長をはじめたのでした。

翌日は水上温泉のホテルへ場所を移しました。
ここでのご飯はバイキング、和・洋問わずなんでも旨い。

自制心などというものが働くはずも無く、ビールにワイン、和食に洋食、デザートのアイスまで…
久々に限界まで食べてしまった…。

うーん、もう「やけのやんぱち、日焼けのナスビ!」と寅さんの口上を口ずさみますます、僕のお腹は成長の一途をたどる事に。



トップの写真にある、綿菓子。
バイキングのコーナーの一角に子供を飽きさせないためのにくい演出

バイキングだから何度並んでも、お姉さんが丁寧に綿菓子を作ってくれる
もう、子供たちのテンションはピークを迎えていました。




IMG_4366.jpg



お兄ちゃんは3個、妹は2個 ご飯の後にも関わらず嬉しそうに食べていました^^


IMG_4365-1.jpg



なんだか、また食べ物中心の記事になってしまったが、本当に今回はよく食べよく飲んだ印象が残っています。

そして、まだまだここには書ききれないたくさんの楽しい経験をしました。


子供たちの記憶に今年の夏休みがいつまで残っているのかは疑問ですが、その時を楽しんでくれれば、それでいいのでしょう。
覚えている、いないは別に子供にとってはあまり意味のない事。
子供はただその時を目一杯エンジョイする事が大切で、寧ろ親が、その子供たちの楽しんでいる顔をしっかりと覚えている事の方ががずっと大切なような気がします。


きっと僕も小さい頃、思いっきり夏休みをエンジョイしていたのでしょう。
そしてその時の僕の顔を、僕の親は覚えていてくれている事でしょう。





一足先に、大阪に戻った僕は以降粗食の生活を送っているのは言うまでもありません。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/08/29(土) 00:00:00|
  2. diary
  3. | trackback:0
  4. | comment:6

<<発表会 2009秋 | ホーム | 夏のおもひで 食編>>

comment

お子さん方もとてもいい表情をされていますね。
具体的に何があったということを覚えていなくても、
「ああ楽しかった」という感覚」を脳が記憶として蓄積してくれるから大丈夫、
という記事を読んだ事があります。
それに、てつさんのお家は写真という財産がありますものねi-179


お父さんも夏休みを満喫されたのですね。
親が楽しくないとお子さんも楽しめませんから、
ご家族でいい夏休みを過ごされたのでしょうね。
  1. 2009/08/30(日) 08:10:30 |
  2. URL |
  3. i-tomi #-
  4. [ 編集]

楽しそう!

夏休みの一ページを微笑ましく
拝見させていただきました。

子供たちは、きっと何かの折にふれ
思い出すことと思います。

「あ~~楽しかったな~」・・・と。
  1. 2009/08/31(月) 11:15:09 |
  2. URL |
  3. やっちゃん #-
  4. [ 編集]

■i-tomiさん こんばんは。

今年の夏休みは短かったけれど、
それなりに楽しめたように思います。
子供たちは、すっかり楽園生活に慣れきって、
ちょっとわがままになったように思いますが…。

お互い、子供に楽しかった思い出を覚えていてもらえるように、
いい写真をたくさん取れるといいですね。
  1. 2009/08/31(月) 23:36:51 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

Re: 楽しそう!

■やっちゃんさん こんばんは。

楽しい夏休みも、あっという間に終わり、
子供たちは元気に、小学校、幼稚園に通っているようです。
僕もつかの間の休みを終えて、即現実にもどりました。

あ~楽しかったと覚えてもらえるように、
まず、親があ~楽しかったと思える休みにしていくことが大切ですね。
その点においては、今回は十分に楽しめたかな。
  1. 2009/08/31(月) 23:45:03 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

パパは子供たちにとってはベストのカメラマン
その時その時の最高の表情を写してくれます
これからも子供たちの成長を
最高のシャッターチャンスで記録してください
  1. 2009/09/02(水) 23:19:46 |
  2. URL |
  3. スポック艦長 #Q1I2IcGY
  4. [ 編集]

■スポック艦長さん こんばんは!

> パパは子供たちにとってはベストのカメラマン
この言葉を信じてこれからもカメラを構えていきますね。
すでに長男は、なかなか自然な写真を撮らせてくれなくなってきました。
妹も時間の問題なのか…(寂)
  1. 2009/09/03(木) 22:03:34 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

トラックバックURLはこちら
http://tettsu.blog45.fc2.com/tb.php/116-27e749f6
track back this entry(FC2bloh user)

calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

profiile

Tetsu

Author:Tetsu
camera:
canon eos 7D
canon eos kiss digital x
ricoh GR digital 3
iphone 5S

lens:
sigma17-70mm f2.8-4.5 macro
EF50mmf1.8Ⅱ
EFS55-250mmf4-5.6IS
EF35mmf2.0


日本で、海外で、日々思う事、考えさせられる事、また趣味の写真、
テンカラ釣りについて思いつくまま綴ります。
BlogタイトルもYaoYorozuですので何でもありのBlogです。

monthly archive

category

search in this blog

send mail to Tetsu

name:
mail:
title:
text:

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。